武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学院紹介

大学院 日本語日本文学専攻

menu 専攻紹介 授業科目 専攻オリジナルサイトへ
修士課程※ 博士後期課程

※は、社会人特別選抜入試を実施しています。

長い歴史を持つ日本語と日本文学を通して先人たちの考えや感情に迫るとともに、現代における国際的、学際的な言語・文学研究にも目を向けて現代人の意識や行動様式をも考察します。日本文学分野も日本語学分野も、古代から近現代までの基本的でかつ幅広い範囲を研究対象として実証的に研究します。国語科教育と日本語教育についての実践的研究も行います。研究発表会の開催も活発で、研究成果は大学院機関誌「日本語日本文学論叢」「かほよとり」に掲載しています。

主な研究分野

「日本語学」「日本文学」

主な研究内容

研究内容として、次の3つを柱とします。
・日本語・日本文学のより深い専門的研究
・国語科教育の実践的研究
・日本語教育についての幅広い実践的研究

開講科目内容

1.日本語学演習T・U  担当:影山 尚之、木下 りか

 社会言語学的な視点、あるいは、日本語史的な視点に立って、音韻、文字、表記、語彙、文法、表現、文章にかかわる問題を分析・検証します。

2.日本文学演習T・U・V  担当:徳原 茂実、寺島 修一、羽生 紀子

 日本の文学作品や文芸思潮などを対象として、主に実証的な方法によって研究します。

3.国語科教育演習  担当:中西 一彦

 国語科教育の構造に即して、これまでの理論を整理しつつ、今日の教育実践の状況を検討し、国語力向上のための方策を考察します。

4.日本語教育演習  担当:上田 和子

 日本語教育学および基礎的、関連的研究領域を対象とし、概念と理論について実践的に研究します。

5.日本語学研究T・U  担当:影山 尚之、木下 りか

 古代日本語の表記にかかわる研究、近現代の和文の表現を文章史の視点から行う研究、および現代における言語現象を計量的な視点から行う研究をします。

6.日本文学研究T・U・V  担当:山本 欣司、羽生 紀子

 和歌・物語・日記・小説・演劇などのさまざまなジャンルに注目しつつ、上代から近代までの各時代における重要な作品、作家について研究します。

7.日本文学史研究  担当:徳原 茂実

 作品の成立基盤について、作家や時代における文化的環境などを中心に歴史的な視点から研究します。

8.国語科教育研究  担当:中西 一彦

 授業論や実践記録を検討し、実践面の分析を通して授業成立の要因を探り、自己学習を核とする授業構築のあり方を考察します。

9.日本語教育研究  担当:上田 和子

 第二言語教育としての日本語教育を、言語習得理論や教授法などを通して実践的に研究します。

10.漢文学研究  担当:塩出  雅

 学校教育における漢文の読解力を深め、その教授法について実践的に研究します。

11.国際交流研究  担当:柴田 清継

 言語文化や地域文化が、国際的な文化交流によって形成されてきていることを調査研究し、幅広い文化的教養を培養します。

最近の学位論文題目より

−博士論文−

  • ◇ 太宰作品の先鋒―〈女性語り〉に焦点をあてて―
  • ◇ バラエティ番組における文字テロップの記述的研究
  • ◇ 日本語語誌の研究
  • ◇ 宗祇の研究
  • ◇ 『蜻蛉日記』の研究
  • ◇ 源氏物語の引歌に関する研究
  • ◇ 歌語「そこ」「すゑ」の研究
  • ◇ 漱石作品における表現
  • ◇ 鴨長明仮託書の研究
  • ◇ 高橋虫麻呂の研究
  • ◇ 隠岐本新古今和歌集について
  • ◇ 西鶴と出版メディアの研究
  • ◇ 日本古代の文字生活史試論

−修士論文−

  • ◇ 『源氏物語』における「魂」についての一考察
  • ◇ 浮舟の手習歌 −その異質性と機能について−
  • ◇ 百人一首における藤原定家の撰歌理由
  • ◇ 中日慣用句における身体用語の対照研究
  • ◇ 人麻呂の表現方法−「ぬばたまの」を中心に−
  • ◇ 『玉葉和歌集』の新古今享受
  • ◇ 新聞投書の表現分析
  • ◇ 芭蕉最晩年の大阪−14句から枯野考へ−
  • ◇ 昭和20年代の兵庫県国語教育史研究
  • ◇ 日本書紀訓注の仮名研究−区分論の観点から−

▲ページトップへ