大学院(男女共学)/ 専攻科紹介

臨床心理学専攻

修士課程(昼間開講) 入学定員 20人
 社会人特別選抜入試を実施しています。

※臨床心理学専攻の修了者は、臨床教育学研究科臨床教育学専攻博士後期課程において昼間で学べます。

臨床心理学専攻

発達臨床を中心とした臨床心理学を学ぶことで、専門性と実践性を備えた心の専門家を育成します。国家資格の公認心理師養成のためのカリキュラムに対応しており、修了後は直ちに公認心理師の受験資格を取得できるほか、並行して臨床心理士の受験資格も取得できます。

学科オリジナルHPへ

研究分野

「臨床心理学」

主な研究内容

さまざまな心の病理や問題行動とそれらに対する心理臨床的支援を主たる研究内容とします。そのための基礎として、発達や教育、家族や社会、精神医療や福祉、心理統計などを考究する研究も含まれます。本専攻の研究内容は広い領域にわたっており、学生の興味関心に応じてかなり自由に研究テーマを選択することが可能です。本専攻のスタッフが取り組んでいる研究テーマの一部を、以下に掲げます。

[研究テーマ]

  1. 種々の問題行動を示す子どもへの臨床心理学的支援方法に関する研究
  2. 青年期心性の理解とアイデンティティの病理に関する研究
  3. 発達初期の母子関係と後の社会性発達に関する研究
  4. カウンセリング心理学の理論と技法に関する研究
  5. 児童養護施設における被虐待児の心理療法に関する研究
  6. 施設利用高齢者の重度・重症化へ対応した、特別養護老人ホームにおける終末期ケア体制の構築
  7. 発達障害児の神経心理学的アセスメントに関する基礎的・臨床的研究
  8. 幼児・児童期のストレス反応と楽観性に関する研究
  9. 実験心理学的手法に基づく、文理解のメカニズムの研究
  10. 多問題家族への多角的アプローチに関する研究
  11. 学校教育現場における問題行動の予防に関する研究
  12. 発達障害児者への発達支援プログラムや親支援プログラムに関する研究
  13. 対人援助職者におけるストレスの自己調整に関する研究

主な開講科目内容(2018年度)

1.臨床心理基礎実習
担当 新澤 伸子ほか
内容 臨床心理実習に進む前に、まず臨床心理基礎実習で、4名の教授がオムニバスで基礎を講義し、または演習形式で学ばせます。
2.臨床心理実習Ⅰ・Ⅱ
担当 西井 克泰ほか
内容 本学附属相談機関をはじめ、医療機関、精神保健福祉機関、司法・矯正機関などのさまざまな臨床場面でインテンシブな実習を行います。
3.臨床心理学特論Ⅰ
担当 佐方 哲彦
内容 力動的な心理療法に関する理論と実際を学びます。力動的心理療法について体系立った理解ができること、そして臨床実践への橋渡しができることを目指します。
4.心理的アセスメントに関する理論と実践
担当 玉木 健弘
内容 知能検査および投映法を中心に、心理検査の特徴や評価方法を学びます。実際に検査を実施することで、専門家として必要な知識と技能の習得を目指します。
5.臨床心理面接特論
担当 佐藤 淳一
内容 臨床心理面接の基本的理論や枠組みについて学びます。クライエントとの面接ができる基本技能を学び、さまざまな年代のクライエントとの面接過程の留意点を理解することを目指します。
6.司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開
担当 齊藤 文夫
内容 犯罪理論を概観するとともに、犯罪・非行臨床の実務を講義します。犯罪者や非行少年の人格査定や矯正処遇技法を学びます。
7.投映法特論
担当 佐方 哲彦
内容 ロールシャッハ阪大法を中心に、様々な投映法による心理アセスメントを実践し、臨床心理査定報告書を書くことのできる技量を涵養することを目指します。バウムテストをはじめ、PFスタディや文章完成法(SCT)などを実際に体験し、実施法および解釈について学びます。
8.発達心理学特論
担当 小花和 W. 尚子
内容 人の発達を心理学的にとらえる際の視点および方法が発達への評価と支援に与える影響を学習します。さまざまな発達の問題を抱えた人々の状態を的確に把握し、支援するための方法について考察します。
9.発達神経心理学特論
担当 萱村 俊哉
内容 子どもにおける認知機能の発達や障害、さらに各種発達神経心理学的検査の使用法や評価法について理解を深めた上で、発達障害への対処、支援法を考えます。
10.心理統計法特論
担当 井上 雅勝
内容 具体的な実験・調査事例に基づく統計処理法を解説します。データ処理・統計処理に習熟するため、Excel、Rを用いた分析課題などを遂行します。

最近の学位論文題目より

  • 適応指導教室に通う不登校生徒へのSSTとセルフモニタリングを用いた心理教育プログラムの検討
  • P-Fスタディにみる神経性大食症患者の欲求不満耐性―家族内葛藤の視点から―
  • 顕在的自尊感情と潜在的自尊感情が対人ストレスおよびタイプA行動パターンに及ぼす影響
  • 育児感情が精神的健康に及ぼす影響における感情制御困難性の緩衝効果の検討
  • 中学生の動的家族画法の臨床場面における活用に関する基礎的研究―不登校傾向、親の反応予期、対人不安に着目して―
  • ASD児の言語発達におけるエコラリアの役割―学校生活場面でのコミュニケーションに着目して―
  • 青年期にある社会人のアイデンティティ危機経験とその克服過程
  • 摂食障害者の特性と両親の養育態度に関する研究―抑うつ・自己志向的完全主義・怒りと攻撃性に着目して―
  • 神経性過食症患者の実行機能に関する臨床的研究―慶應版ウィスコンシンカード分類検査とRey-Osterrieth 複雑図形検査を用いて―
  • 発達障害の子どもをもつ保護者と保育者のコミュニケーションに関する研究―就学前施設におけるやりとりに着目して―
  • 援助要請不安と自己意識およびビデオ通話カウンセリングの関連の検討

授業科目(参考 2018年度)

履修方法(2018年度)

2年以上在学して、必修科目19単位を含む30単位以上(関連科目を含む)を修得し、さらに修士論文を提出してその審査および最終試験に合格すること。

学位授与

修士課程に在学して、所定の単位を修得し、さらに修士論文の審査および最終試験に合格した者には、修士(臨床心理学)の学位を授与する。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE