武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学院紹介

大学院 薬科学専攻

menu 専攻紹介 授業科目(修士課程) 授業科目(博士後期課程) 専攻オリジナルサイトへ
修士課程 博士後期課程

※は、社会人特別選抜入試を実施しています。

 薬科学専攻修士課程では、薬にかかわる様々な領域で活躍できる、科学的な問題解決能力と基礎的な研究能力を身に付けた人材の養成を目的として、基礎から応用に至る様々な課題を取り上げた薬科学の研究を展開しています。
 薬科学専攻博士課程では、創薬系薬科学、生命系薬科学および臨床系薬科学分野の研究と教育を行い、産官学において医薬品の創製と開発およびその応用に関して、高度の専門性を有する職業人または指導的な役割を担う自立した研究者を養成することを目的としています。
 薬科学専攻では、昼夜開講制で社会人特別選抜制度と長期履修学生制度を設け、修士、博士の学位取得を目指す社会人の方々を受け入れます。

主な研究分野

〔薬科学専攻 博士後期課程〕
創薬系薬科学分野(薬化学、生薬学、薬品分析学、薬品物理化学、薬剤学)
生命系薬科学分野(生化学、衛生化学、免疫生物学、ゲノム機能解析学、薬理学)
臨床系薬科学分野

〔薬科学専攻 修士課程〕
基礎薬科学(有機化学・薬用資源学、物理・分析化学、生命科学、衛生・環境学、薬理学、薬剤学)
応用薬科学
臨床薬科学

理科教員の育成

 薬科学専攻修士課程は、中高教諭専修免許状(理科)を取得する課程の認可を受けています。所定の科目を修得すれば、高度な理科教育実践力を有する中学・高校理科教員としての専修免許状が得られます。

薬学研究科の教育・研究分野

 薬学部にある19の講座・研究室は、薬学専攻あるいは薬科学専攻の分野の一つまたは複数に関わる教育と研究を担当します。
個々の講座・研究室が行っている2016年度の研究テーマについては、こちらをご覧下さい。

最近の学位論文題目より

−博士論文−

  • ◇ 高齢者のためのカルバペネム系抗菌薬の最適投与計画の構築と評価
  • ◇ 多孔性ケイ酸カルシウムの固形製剤への利用のための基礎的研究
  • ◇ 高血圧自然発症ラットの内臓脂肪および腎臓とマウス3T3-L1細胞に対するベルベリンの影響に関する基礎研究
  • ◇ 1, 2-ビスセレニド類および1, 2-ビススルフィド類の酸化と脱離反応に関する研究
  • ◇ 注射剤混合時の配合性および粉末注射剤の溶解速度に関する研究
  • ◇ 血管内皮細胞におけるCysteine-rich motor neuron 1(CRIM1)の機能に関する研究

−修士論文−

  • ◇ リサイクル使用可能な触媒的不斉水素移動型還元反応に用いるイミダゾリウム構造を持つ新規キラルリガンドの開発
  • ◇ メタボリックシンドロームラットの動脈拡張能に及ぼす血管周囲脂肪組織の影響
  • ◇ 樹皮・桑葉によるマウス3T3-L1細胞における脂肪細胞分化および酸化ストレス抑制作用
  • ◇ SHR・SHRSP及びWKYの24時間血圧概日リズムの基礎的検討
  • ◇ ビタミンD3におけるエネルギー代謝調節メカニズムの検討
  • ◇ 低分子量Gタンパク質Rhes発現に及ぼす化合物の探索
  • ◇ 簡易懸濁法使用時の医薬品の安定性に関する研究
  • ◇ 青錢柳エキスの血糖降下作用およびその作用機序の解析
  • ◇ PM2.5の水溶性成分がマスト細胞株に及ぼす影響について
  • ◇ インスリンによらないT型糖尿病の薬物治療の可能性
  • ◇ 難治性トリプルネガティブ乳がんの低酸素環境適応性を標的とした新たな治療戦略
  • ◇ 青錢柳エキスによる肝脂肪蓄積の抑制効果
  • ◇ 服薬困難の実態調査と薬剤師としての関わり
  • ◇ リトドリン塩酸塩点滴静注液の副作用発現に影響を及ぼす要因
  • ◇ 薬学部初年次教育(有機化学)における基礎学力強化教育の評価
  • ◇ 集中治療室(ICU)における返品注射薬剤に関する調査
  • ◇ 薬局薬剤師の在宅医療における現状調査と今後の課題

▲ページトップへ